ぽんPIT

アニメとかマンガとか感想書いてます

寄宿学校のジュリエット 第10話感想

TVアニメ「寄宿学校のジュリエット」第10話

アニキにバレそでさぁ大変な「寄宿学校のジュリエット」第10話。

ロザリオの件は周りのフォローでなんとかなったものの疑惑を晴らす為1週間の監視が決定、その最後の日がペルシアの誕生日。当日兄の目をごまかして抜け出そうとするも捕まってボコボコで納屋へ監禁でゲームオーバー。と思いきやそこまで計算ずくでという流れ。上手いな~
再度抜け出して待ち合わせへ向かうも身体のダメージがでかくて倒れたところにペルシアが。OPでも先取りしてたシーンですな。このアニメ化のピーク部分か。

10話かこれ?といった感じ。“次が最終話”みたいな11話ぽい流れ。このシリアス感吹っ飛ばすような脳天気な予告でしたがホントどうなるんでしょこの展開。まぁ誕生日のお祝いみたいですが。

藍瑠がいいキャラ、そしていい声。合ってるな~ この盛り上がり越えたらこういったキャラって結構ネタキャラ(真面目ボケみたいな)になること多いですが、そのセンじゃないですかね?藍瑠。

今回おいしい位置だった胡蝶と手李亞。特に手李亞の動向はこの先も気になるところ。

クッキー美味しく出来て喜んでる序盤からラストシーンの落差。ペルシアの涙、今回は体育祭の時のものと違い2人の関係からのもの。重い。

ホント次回で終わるような展開ですが12話やりますよね?コレ。さてどうなりますか、楽しみです。

寄宿学校のジュリエット ロザリオ風ペンダント

寄宿学校のジュリエット ロザリオ風ペンダント