ぽんPIT

アニメとかマンガとか感想書いてます

やがて君になる 第9話感想

TVアニメ「やがて君になる」第9話

(〃ノωノ)

体育祭というイベントの慌ただしさの中でナニやってんスかホントけしからんですな「やがて君になる」第9話。

晴天の中での準備や当日の明るく開けた感じと体育倉庫の暗く閉じた感じの落差もあり、その中での行為がまたもう何と言いますかとにかくエ〇い(><)   終盤の方なんか完全に─が入ってぬ─ょ─ち─(自主規制)としつこく動いてるこれまたご丁寧な描写本当にありがとうございます<(_ _)>

といった方面の動きばかりではなく侑の内面も大きく動いた今回。体育祭・リレー・アンカー・追い上げ、そしてそれを目で追うヒロイン。これだけテンプレ要素満載じゃそりゃ惚れますわ。普通は男子生徒ですが、そこ走ってるのは

「侑から」という約束が守れなくなるほど「好き」が近くになってる自覚とあれこれ言い訳するくらい速い鼓動。まぁアンナコトすりゃドキドキはするでしょそりゃ(^^;
こういった描写に女性作家的なものを感じる。シチュエーションの妙と言いますか。夕暮れ体育倉庫はあるとしてあの体勢と展開、そして直前での約束の反故。凄く繊細。これが男性作家だったらそこで止まらず…まぁアレですわな、書きませんが、ハイ。

聖司への内面の吐露だったりこよみの劇脚本が燈子の内面(実像)を追いそうだったりの動きも。あれ?でも残り話数からして文化祭は…アレ?

いよいよ侑があたたまってきた(?)展開。残り話数で2人がドコまでいくのか?次回も楽しみですな。

べろちゅー

べろちゅー