ぽんPIT

アニメとかマンガとか感想書いてます

うらら迷路帖 第6巻感想

うらら迷路帖 第6巻表紙
25日発売、Kindle配信で読了しましたもう1冊、はりかも作『うらら迷路帖』第6巻。

ア ァ オ ワ ロ ウ ト シ テ イ ル_| ̄|〇

八番占合格で新たな生活のはじまりとモブキャラの掘り下げがいつものようにキャッキャウフフと展開していて楽しく読んでいたのですが、千矢の育ての親・セツが登場した途端一気に物語の核心部分へ。新生活も八番占修行も描写なし。お店はどうなった!?

今巻1話目で”7番占から一人前”とか言い出して「あれ?」というのはありましたがまさかここまで急展開するとは・・・

凄く前向きに(というか楽観的に)とらえると7巻で終わるとアニメ2期やるのに丁度良い長さじゃね? となるのですがはてさて。

作者さん他に描きたいの出来ちゃったのかなー なんか凄く残念。お店修行とかその先とか楽しそうなんだけどなー

とにかくその方向へ舵を切ってしまった第6巻。相応の盛り上がりで引いて次巻へ。

どういった決着を迎えるのか、見たいような見たく無いような、そんな感じです。

 

アニメの感想まとめはこちらです。

うらら迷路帖 (6) (まんがタイムKRコミックス)

うらら迷路帖 (6) (まんがタイムKRコミックス)